カテゴリー
ダイビング

ダイビングを楽しむ。

サトウキビの畑や昔から変わらない沖縄の家がたくさんあり、沖縄っぽい雰囲気や光景を味わえます。「古宇利大橋」の上から眺める海は、忘れようがないほど鮮やかな海のマリンブルー。

世界トップクラスの沖縄の美しい海、世界文化遺産、自然文化遺産保護条約の候補地として名前が挙がっている豊かなやんばるの森や爽やかな風が吹く川やや爽快な滝で日本とは思えない大自然を感じませんか?

たった一人でエンジョイされる方の比率が5割前後、だからこそお互いにゆったりとダイビングを楽しめることを大切にしています。

沖縄と言えば夏だけに特にダイバーに人気が高いので、臨時のお手伝いさん(夏場だけのスタッフ)が見られないのは結構稀有なダイバーショップだと考えられます。

多くの人が訪れる「青の洞窟・シュノーケル探検プラン」を筆頭に、水中で自分の好きなようにボンベ吸入しながら色とりどりの小さな主役たちと楽しめるトライアルダイビングもきっと気に入ってもらえると思います。

沖縄へ出かけるならやはり行っておきたい観光客向けのスポットを押さえ、日が落ちてからは上品にクルーザーでディナーはいかがでしょう?大満足の旅をお届けします。

沖縄でのシュノーケリング名所として有名な神々しい「青の洞窟」とサンゴ礁のある「慶良間諸島」、2つのシュノーケリングツアーの内容をマリン情報サイトで働くスタッフが徹底調べ上げました。

シュノーケリングをおこなって驚嘆したのは水の透明度!「ん?ここプールのはずがないよね?」と疑ってしまうほど全部が細部まで視認できました。

この国では南の沖縄がスキューバダイビングのメッカと位置付けてもいいのではないでしょうか。華麗なサンゴ礁を回遊するダイビングはその他の海では得られない別格のものです。

沖縄の県庁所在地である那覇から西方約15kmのチービシ環礁はナガンヌ島と神山島、クエフ島という3つの島で構成され、中でも一番広い島がナガンヌ島なのです。絶妙なコントラストが印象的な見応えのある島です。

青く美しい海、サラサラの砂浜でスカッとするマリンスポーツを楽しもう!白い水しぶきをあげて激しく駆けまわるジェットスキー、青空に溶けこむパラセーリング、初心者でも遊べるバナナボートなど、たくさんあります。

横向きのウェイクボードの上で立つのは水上スキーより難しくなくて、次第に波を器用に操るような見栄えのする技も連発できるかもしれません。

沖縄県にある琉球村は古民家を移転してきて公開している他にも、藍という植物を使った染め物体験や楽器の三線・エイサー教室、沖縄在住のおばあとの賑やかな雑談などを見学して体験できる観光スポットです。

「手軽にダイビングしたいなんて言うけれど相当持っていかれるよね?」と思い込んでいる人は大勢います。でも、上級クラスのダイバーたちは「即座にお金以上の価値はある」と言い切ります。

鋭角にカーブを切る時や大きな波が来た時は、激しくグラグラしたり振り落とされる人も。難しくなく平和に臨めるだけでなく、ドキドキ感も味わえる流行のマリンスポーツです♪